カテゴリ:おでかけ( 23 )

修学旅行って、結構素敵なとこに連れて行ってもらってたのね

d0089325_101961.jpg

秋吉台。とにかく広い~!どこまで行っても変わらぬ景色に迷子になりそう!

広島近辺は、とかく自然がいっぱいで、
見渡すと山々、目の前には海、そんなロケーションに恵まれすぎていたせいか、
美しい景色、とか、大自然、とか、
子どもの頃は興味がなくて。
どこへ行っても、とにかく友だちやいとこたちとのおしゃべりや遊びが楽しかったっけ。

両親は、旅行好きな兄弟たちと、いろんな所へ連れて行ってくれたけど、
どの場所もカケラでしか思い出せません。

クジャクが飛んでたなぁ~、小豆島。とか、
道路べりの崖っぷちで写真撮ったなぁ~、どこかはわからない~、
とか。

修学旅行で訪れた山口県の秋芳洞、秋吉台も
お土産物に心を奪われ、
この大自然を見ていたようで見ていなかったみたい。
壮大な自然の造形美に、改めて感動しました。

本当に久しぶりのこの観光地。
まさに、わたしが修学旅行で訪れた昭和50年代後半が観光客のピークで、
それからはお土産物の鍾乳石の生産も減少の一途。
資料館には、今では使われなくなった石を切る機械が、
過去の産物として展示されていました。

モノクロ映画に登場しそうで、
100年くらいはたっているのではないかと思ったそれは、
ほんの(???)数十年前まで現役。
すこーし、さみしい気持ちに。

d0089325_11773.jpg

美しい石が大好きだった子どものころ。
今でも、ちょっとときめきます♡

d0089325_115043.jpg

お土産物屋さんの外にいた河童。
なぜ河童ww

d0089325_115638.jpg

おしゃれなピクルスを売ってるお店もありました。
もう少し飲食店が充実してたらいいなぁ~。

d0089325_1259.jpg

秋吉台は、今、まさに、緑が美しくおすすめ!
[PR]
by eggs_egged | 2015-05-22 01:26 | おでかけ

京都クオリティを学ぶワンデイトリップ

d0089325_021686.jpg

東本願寺八木仏具店さんにて。
さぁ、京都!では、お念誦!そんなお年頃?笑


春、さらっと訪れた京都で
車窓からちらりと見えた細い路地。
そのまがまがしさと喧騒がどうしても忘れられなかったから。

と、それだけじゃないんだけれども、
なにか、他に、目的があったはずなんだけれども、
終わってみれば、「あ~楽しかった!」
そんな、テーマを忘れて、ただ楽しんだ日帰り旅行。

京都から電車で30分のところに住む息子にも、
東京へ修学旅行中の娘にもナイショで、
こっそり行ってきたので、
折しも皆既月食に日本中が沸きたつ日、
子どもたちに「皆既月食見れた?」と尋ねたわたしに、
「見れたよ!広島でも見れた?」と、聞き返され、
「(ほんとは京都で見たのだけど)み…見れたよ!(と、FB友だちがアップしてたし)」
目が泳ぐ。嘘がヘタなわたしでした。


d0089325_0211913.jpg

京うちわ・京扇子 阿以波さんにて。
繊細で涼しげな木のうちわは、部屋の装飾品にしても素敵。
ゆかたに持ちたくて、ひとつお買い上げ。
来年の夏が待ち遠しくて仕方ありません。
包みを開くと、お香の匂いが…
こんな心遣い、いいですね。

d0089325_0213047.jpg

京料理 花咲 萬治郎さん。
京都の食を学ぶ旅だったんです。実は。
だから、美味しい食事をいただける店を地元の方にお勧めしていただきました。
生麩が美味しくて、買って帰ったけど、やはりお店で食べた方が美味しかったな~。

d0089325_0214078.jpg

夜は、志ぐれさんで、日本酒をいただきながら、
反省会(?)
反省するのはわたしひとり。
今回付き合ってくれた友人たちは、打ち上げってことで。

春にみかけた細い路地とは、錦市場でした。
クルマは通れそうにない細く長い道の両端に、ぎっしりと、
漬物屋さんや、出し巻き屋さんなどの食べ物屋が並びます。
夕方になると、食材を求める人々でごった返します。

まがまがしいと感じたのは気のせいでしたが、
そのにぎわいは、ここを歩かないと味わえないもの。
買い食いしながらぶらぶら歩くのは、とても楽しかったです。

このほかにも、紙専門店や、ツバキ油専門店など、
専門店が成り立つ街。

コーディネートしてくれた友人のおかげで、
1日とは思えない充実した旅になりました。
いつも、本当にありがとう!(^^)!
[PR]
by eggs_egged | 2014-10-23 01:11 | おでかけ

夜中の美味しそうな卵かけごはん映像ほど、罪深いものはない

d0089325_0232623.jpg

そんな彼女の、懺悔とも恍惚ともとれるつぶやきを聞いてしまった者としては
あまりにも、非人道的な、夜中のキムチ画像!
北山のナントカってお店にて。


今春のソウル旅は、
K-POPファンである友だちの
「ソウルは、想像以上に、やたらめったら楽しいところ」
という情報を鵜呑みにした娘が半年以上も前から、
「韓国行きたい~。韓国行きたい~」
と思いだす度に訴えていたことが発端。

あ、ちなみに娘は、
AKB命
で、
K-POP?はぁ?なんですか?それ。
という人。
なのに。それなのに。


2月、
長男の進学先がようやく決まり、
そう言えば、なぜだか娘が韓国韓国ゆーてたな、と思いだしたわたしは、
ちょうど一緒にいた、超ご多忙な友人に、
「一緒にソウル行く?」
とお伺いしたところ、

めちゃくちゃ忙しいはずなのに、
うっかり
「行く♪」
と、ふたつ返事でOKしてくれたことで、
不思議なトリオで出発するはこびとなった。

そんな、その時の気分で、わたしたち母娘とソウル行きを決めてしまった彼女は、
うちの家系にはない、貪欲な「美味しいものレーダー」を持っている。
彼女のおかげで、美味しいものに恵まれた旅となった。

d0089325_0525076.jpg

汗をかけないオンナであるわたしが、体の芯から温まり、
汗だくになったサムゲタン。
明洞の、え~っと、あの~、ナントカってお店。

d0089325_041211.jpg

イベンターでもある友人が惚れこんだ菓子店。
米粉のもちもちのお菓子がイケル!
いつか広島で開催されるイベントに呼んでくれるのではないかと楽しみにしている。
北山のナントカっていう…
もうそろそろいいか…。

d0089325_0413945.jpg

観光ガイドには必ず載っている、ソウルのカフェおやつ、パッピンス。
一番上の白いものは、トッポギのようなもの。
3月のソウルは寒いと思いきや、暑かったので、
ひんやり幸せだった♡
明洞のカフェにて。

d0089325_0415935.jpg

家族旅行では絶対に近寄ることのない屋台というトコロで、
トッポギと、ホルモンスープをいただく。
明洞にて。

d0089325_0434828.jpg

これは食べなかったけど、
大きなタコ足!
明洞の屋台は豪快きわまりない。

d0089325_171550.jpg

ヘンテコソフトクリーム店が、
いたるところにあり、
観光客はついつい買ってしまう。
これは、仁寺洞のトルコアイスやさん。

彼女の美味しいものレーダー、
ガイドブックよりもなによりも、頼りになるとしみじみ感じた。
羨ましい特技だ。

文中の「ナントカ」については、
のちほど確認がとれれば、店名などを掲載したいと思う。

さて、
ドラマの中の、渡辺えり子の卵かけご飯に誘惑されて、
どうしてもがまんできず、夜中に食べてしまったというその友人は、
無事夜中の美味しい画像を目撃することなく眠りについただろうか。
[PR]
by eggs_egged | 2014-04-18 01:15 | おでかけ

人種のるつぼにてJapaneseの主張

d0089325_1674597.jpg

今年の初めに立てた目標のひとつに、
「5年以内に、海外で着物を着る!」
というものがあった。

イメージでは、
“Parisの星付きレストランのディナーに
御召でお出まし”
だったのだが、
思いがけず、シンガポールの注目スポット、“MARINA BAY Sands”を
浴衣で練り歩くことで、
当初のイメージと多少(?)違えど、目標達成してしまった。

シンガポールは、小さな国土の中に、
マリーナ湾を中心とした都会的なエリアと、
エキゾチックなエリア、リトルインディア、アラブストリートなどのまったく様相の違う街が混在する
不思議な国だ。

そのせいか、Sandsに集まる人たちも、
インドのサリーや、
イスラム圏のアバヤやヒジャブなど、
お国の民族衣装を着た人たちもちらほら。

そんな中、
日本人、ひとり浴衣。

かなり目立っていたようで、
子どもたちに、
「いろんな人がじろじろ見てる!」
と苦情を申し立てられたが、
マリーナベイを舞台とした光と水のショー、「ワンダー・フル」に、
浴衣ほど似合う衣装はなかったと、
ひとりご満悦である。

そんなわけで、
遠い異国の地で悪目立ちしてきたのだが、
浴衣姿を一番「ナニゴト??」と奇異の目で見ていたのは、
きっと日本人なんだろうな、と想像するのだ。
[PR]
by eggs_egged | 2013-08-27 16:39 | おでかけ

山の音楽会♪ in 芸北

d0089325_18132899.jpg

夜も更けて、音楽会も佳境。
水辺のテラスでは、出番の終わった出演者がくつろいでいました。



もわもわの猛暑の市内を抜けだし、
またまた芸北へ。

cafe 正直村での音楽イベント、「山の音楽会」に参加しました。

集う人たちは、
音楽を楽しみながら、ビールを飲んだり、
芝生でくつろいだり、
思い思いに過ごしています。
湖では、いつものように鴨たちがのんびりとお散歩。

会場の目の前に広がる聖湖の、
“やまびこ”ならぬ“みずうみびこ”のおかげか、
とても心地良い音が響くこの場所。
出演者がPAチェックのとき、「気持ちいいでーす!」と返すのが
すごく印象的で。
そして、実際、自分が演ってみると、その気持ち良さがよーくわかりました。

鳥のさえずり、風のおとが、バンドが出すおとと一緒になって、
音楽を作り出します。
自然のエコーが効いて、なんて素敵!


d0089325_1817496.jpg

横を見ればバンドの仲間がいて、ステージ間近には大好きな友人たち、
そして、芝生の上やテラス、カフェの中など、思い思いの場所から聴いてくれている
お客さんやスタッフのみなさんからの拍手や温かい声援。

幸せすぎる瞬間!!

個人的には、反省点は大小さまざま、山ほどありますが、
ここで演奏させていただけたことに、心から感謝しています。








d0089325_18321337.jpg

↑こちらは、友人が撮影してくれました。
Thanks!!

[PR]
by eggs_egged | 2013-07-29 01:42 | おでかけ

あるるるる~♪な芸北の旅

d0089325_1881296.jpg

楽しみにしていた、
大好きな友人たちとの一泊旅行。
メインの目的は、芸北オークガーデンのレストランでのLIVEです。

   吉川忠英&田中彬博"AKI-CHU" TOUR 2013 ! !

世界をまたにかけて活躍する若手ギタリスト田中彬博さん、アッキーと、
アコースティックギタリストの第一人者で、
夏川りみ、福山雅治など、数多くの日本の代表的なミュージシャンの
レコーディングやコンサートにも参加される吉川忠英さんの
アコースティックギターLIVE。

このライブツアーは5年目になるそうですが、
今までの4年分を遡りたいくらい、
本当に素敵なライブでした。

アキチュウさんの目の前のツバカブリ席(別名ドS席)で、
おふたりのスーパーテクを堪能。

ギターだけじゃなくて、
ユーモアたっぷりの楽しいトークも!

会場が一体になって、からだじゅうが音楽になって、
心地よくてエキサイティングな時間でした。

そして、ライブ後は、わたしの高校の先輩でもあり、
ライブスタッフでもあるSさんのご厚意で、
打ち上げにも参加させていただき、夜中まで盛り上がりました。

おふたりとも、とってもきさくで素敵な方で、
忠英さんには、モンゴルの歌唱法、ホーミーを教えていただきました。
どこで披露しよう??
アッキーには、今がんばっているバンドのコーラスのアドバイスを
してもらいました。
かなり贅沢!!

さて、翌日は、ホテルからクルマで30分くらい走ったところにある、 “正直村”でブランチ。
自宅から少し走っただけで、
こんな風景があるんだ…と、訪れるたび、感動します。

月末には、わたしも、ここで開催される音楽イベントに参加させていただきます。
忠英さんとアッキーが分けてくださった音楽のチカラを
大事に育てて、本番に臨みたいな♪


ライブ打ち上げでは、地元のミュージシャンたちが歌を披露。
アキチュウさんの素敵なライブがメインだったはずですが、
わたしたちの頭の中をぐるぐるまわってついつい帰り路でもくちずさんでいたのが、
ピテカンズさんの「あるるるる~~~♪」
このおふたりも、すごく楽しくて、
皆すっかり魅了されていました。
「あるるるる~~~♪」のライブ動画を探したんだけどみつからなかったので、
名曲と誉れ高い「ブルブル」をドーゾ!
 ↓ ↓ ↓
ピテカンズ 「BLUE NO BRUMA」

[PR]
by eggs_egged | 2013-07-09 19:11 | おでかけ

ジリジリと照りつける太陽に挑むかのように

d0089325_2243479.jpg

今年になって、もう、何度めましての宮島。
小旅行気分でお散歩してきました。

今回付き合ってくれたのは、英会話教室で一緒のおふたり♪
毎週レッスンで会ってるけど、
おでかけするのは初めてなので、とっても新鮮!

なぜか、わたしのまわりは、県外出身のお友達の方が宮島について詳しくて、
そんな師匠について修行した弟子(わたし)は、
今日は、なんちゃってガイドをさせていただきました。
やりました!さくら師匠、みみ師匠!
ただのウケウリですが…。

そうは言っても、同行のふたりは、広島の人なので、
やっぱりいろいろ詳しくて、
知らなかったことを教えてもらったり、
わたしも、何かと発見があって、楽しかったです。

今日はもみじまんじゅうを6個も食べてしまったΣΣ(゚д゚lll)
もう、当分、断食!!
[PR]
by eggs_egged | 2013-05-21 23:05 | おでかけ

えーつと。

d0089325_2245495.jpg

恥ずかし死にしそうなくらい、恥ずかしいことがあったのですが、
今日は、その現場写真を見せられて、トドメを刺されました。
目撃された方、お願いだからその記憶は他言無用でお願いします。
もう、生死にかかわりますので。

さて、恥ずかしさを紛らわすために、気になっていたマカオ旅行記終わらせます!

今、一気に書かないと、本当に忘れそうです。

世界遺産がてんこ盛りのマカオ半島。
一番簡単そうなコース、一番北にある「聖アントニオ教会」でタクシーを降り、
一本道を南下するだけなら楽勝!
と思いきや、
なにしろ、超方向音痴の母娘は、ミゴトにマイゴ。
絶対観光地じゃない、生活圏に入り込んで、
いろんな人にお世話になりました。

バス待ちの女性は、乗る予定だったバスを見送って、
マイゴの日本人に道案内してくださいました。
迷惑をかけつつ、マカオの人たちの優しさに触れることができました。

冒頭の写真は、聖ポール天主堂跡。

1582年、聖アントニオ教会付属の礼拝堂として創建されるも、
1601年、火災で焼失。
再建され、再び火災に遭うという、不遇の天主堂です。
現在は正面の壁と、階段のみが残る、異形の世界遺産。
階段から見上げると、得も言われぬ存在感があります。

↓裏からみたところ。
d0089325_2246979.jpg


この近くには、「メルセリア・ポルトゲーザ」という、
ポルトガルからの輸入品を扱うかわいいお店がありました。
食品から雑貨まで、小さな店なのに素敵なものがいっぱいです。
オーナーはポルトガル人だそうですが、
この日店番をしていた、とってもキュートなマカオの女の子と記念撮影。
d0089325_2365598.jpg

注)右は娘ダヨ。

すこし裏通りにあるので、わかりづらく、
ここにたどり着くまでも、何人もの方に助けてもらいました(^_^;)
でも、人通りの多い場所にあるお土産物やさんとは、一線を画したものがいっぱい!
同じものがあっても、2割くらい安い!
また行きたい!!

教会などのほか、ポルトガル植民地統治時代の建物、
「民政総署」には、いかにもポルトガルらしい、青いタイルで飾られた壁が
きれいでした!
d0089325_2334284.jpg

d0089325_234267.jpg


一番有名な、「セナド広場」の石畳。
ポルトガルの熟練工によって敷き詰められたそうです。
ものスゴイ人人人…。
なので、足元だけ撮ってみました。
d0089325_2324447.jpg


どーしても撮りたくなる、信号機。
d0089325_23131040.jpg


世界遺産散策は以上!
この後、世界一高い場所からのバンジージャンプを見物するため、
マカオタワーへ!

次々と飛ぶ勇者に、飛ぶ人以上に興奮するギャラリー。
初めて見ました。生バンジー。
想像以上に、迫力があります。

総じて、マカオ&香港の人たちはとっても親切で、
旅の楽しみとして、現地の人たちと触れ合いたいという希望は、
今回、とても満たされました。

この、行きあたりばったりな、計画性とは無縁の旅に付き合ってくれた娘に感謝です!

次は、どんな旅ができるのか、
妄想しつつ。。。





終われた!!泣!
[PR]
by eggs_egged | 2013-05-09 23:34 | おでかけ

ディープな宮島への旅

d0089325_1291368.jpg


■Sarasvati

広島県廿日市市宮島町407
0829-44-2266

今日は、見えない力で宮島へいざなっていただいた、
そんな気がしてなりません。

岩国の錦帯橋でお花見をする予定が、
雨になりそうなので、島根県のアクアスへのドライブに変更。

からの、宮島ですから。

しかも、いつも「ランチしたいね」って言いながら、なかなか実現しなかったカメラ仲間や、
いつもの気の置けない友人、
念願だった、宮島を知り尽くしたコアなガイドができる友人と一緒に!

生まれてこのかた広島人のくせにわたしは、
今まで宮島に何をしに来ていたんだろうというくらい、
知らないことだらけ。
本当に深く濃い1日でした。

とくにおすすめなのは、日曜しか公開していないという上卿屋敷。
国の重要文化財に指定された建物です。
代々神事を務める林家の方が、建物の説明とともに、
宮島の歴史を説明してくださいます。
宮島のあの有名な大鳥居の修理の際、切り取った柱の根元部分を輪切りにしたテーブルも
見て、触らせていただきました。

まだ訪れたことのない方は、一度訪問してみられてはいかがでしょうか?

■上卿屋敷 入館料 300円
 *大聖院に向かう途中にあります。


d0089325_211219.jpg

桟橋からの道のりも、
コアなガイドにかかれば、新鮮なアングルで鳥居をとらえることができました。


d0089325_1293487.jpg

今日のメンバーは、ほぼカメラ女子仲間!
なので、皆大きなカメラを持っての参加です。

そういうわたしは、雨が降ったりやんだりの中、
傘をさしたり閉じたりしている間に、
カメラの存在をほとんど忘れていて、写真がほとんどナイ!!(^_^;)
[PR]
by eggs_egged | 2013-04-08 02:06 | おでかけ

見晴らしの良いカフェでデート♡

d0089325_23365968.jpg

Cちゃんとは、久しぶりにゆっくり会ったので、
話したいことがありすぎて、話題が飛びまくり(^^;;

しかし、シメは、「妄想しよう!」
ということで落ち着きました。
やっぱり、結局は妄想なのだ。
[PR]
by eggs_egged | 2013-02-09 23:43 | おでかけ