カテゴリ:日記( 121 )

ホンマかな~と思いながらやってみたら結構面白かったコト

d0089325_2129165.jpg



願い事を叶える不思議なリスト

画像の説明を叶える不思議なリスト

このゲームを考えたご本人は、たったの10分で願い事が叶ったそうです。



このゲームは、おもしろく、かつ、 あっと驚く結果を貴方にもたらすでしょう。








たったの3分ですから、ためす価値ありです。

まず、ペンと紙をご用意下さい。そして約束してください。

絶対に先を読まず、1行ずつ進む事を。

先を読むと、願い事が叶わなくなります。







準備はよろしいですか?。

では、始めます(^^)。

1)まず、1番から、11番まで、縦に数字を書いてください。




2)1番と2番の横に好きな3〜7の数字をそれぞれお書き下さい。




3)3番と7番の横に知っている人の名前をお書き下さい。

必ず、興味のある異性の名前を書く事。
男なら女の人、女なら男の人、ゲイなら同性の名前をかく。






必ず、1行ずつ進んで下さい。

先を読むと、なにもかも無くなります。



4)4、5、6番の横それぞれに、自分の知っている人の名前をお書き下さい。

これは、家族でも知り合いや、友人、誰でも結構です。





まだ、先を見てはいけませんよ!!




8、9、10、11番の横に、歌のタイトルをお書き下さい。




5)最後にお願い事をして下さい。






















書き終わりましたか?(^^)。




さて、魔法のゲームの解説です。




1)このゲームの事を、2番に書いた数字の人に伝えて下さい。




2)3番に書いた人は、貴方の愛する人です。




3)7番に書いた人は、好きだけど叶わぬ恋の相手です。




4)4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。




5)5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です。




6)6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。




7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。




8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。




9)10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。




10)そして11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。
[PR]
by eggs_egged | 2015-10-13 21:29 | 日記

天使さんいらっしゃい♪

d0089325_20395653.jpg

春はまだまだ、なトコ。

Angelを家にお迎えする、“ホスティングエンジェル”という儀式に参加しました。
何教なわけでもないんですが、
お迎えした人たちの、「何かしらの良いことや、奇跡が起こった」
という話や、
天使さんがお家に来てくれるなんて、なんだかワクワクする!
という、とっても安易な気持ちから。

だけど、目に見えないコトや、スピな話を嫌う娘16歳は、
思い切り拒否反応。
お友だちにも、
「ママが気持ち悪いことをはじめた!!」とうったえたらしいのですが、
「さすが、○○のママじゃん。似てるよ」
と言われたと…笑

かく言う私も、
夢見る夢子ちゃんで、将来のことを全くまともに考えようとしない娘のことを
お友だちに相談すると、
「アナタもふわぁぁ~んとしてるよ。そんなアナタの娘なんだから、仕方ない」
などと言われるワケで。

お互い、似てるって言われちゃったねー!
と、大笑い。

そんな、ホスティングエンジェル儀式中、
我が家にも、小さな奇跡が!
生活能力ゼロの件の娘、
制服のスカートのホックを、じぶんで付けていた~~~~!!

いやいや、コレ、ほんとに、我が家的には
ものすごい奇跡ですから!!

しかし、1週間もたたぬうちに取れてしまったっちゅーオチが、
さすがわが娘…(--〆)
[PR]
by eggs_egged | 2015-03-01 20:19 | 日記

頼もしい仲間たち

d0089325_9424616.jpg

宮島、千畳閣にて。

仲間たちと立ち上げたチームで、
初のイベントの準備の最中、
とんでもないアクシデントに見舞われました。

誰もが心に傷を負い、
立ち止まって、動けなくなるほどの。

だけど、動かなければ、という強い強い思いで、
もう一度なんとか発進し、ひとつ、大きな結果を出すことができました。

ここ数日撮った写真を見返していたとき、
ふとこの写真に目がとまり、
神々しくさえ思え、なんだかすごく泣けてきました。

だれかが犠牲になればすべて丸く収まるとか、
そういう考え方は好きじゃなくて、
みんなが満足して笑える方法を。

今、始まったばかりのわたしたちが向かう先は
まだどうなるかわからないけど、
この頼もしい背中を見ていると、
勇気がわいてきました。
みんな、本当にありがとう。
[PR]
by eggs_egged | 2014-12-23 09:53 | 日記

いつも見てる海とはまた別の海を臨んで

d0089325_208724.jpg

嬉しくなったり、悲しくなったり、感謝したり、反省したり
めまぐるしい今日は、嵐の前の日本海のようでした。

いつも凪いでる瀬戸内の海と違う、荒々しい水しぶき。
だけど、空は広くて、どんな願い事もかなえてくれそうでした。
[PR]
by eggs_egged | 2014-10-04 20:15 | 日記

手離すと、手に入る

d0089325_21204675.jpg

こめ、じゃなくて、かめの話。

大雨が続いた夏のはじめ、
庭の亀の水槽が決壊し、
亀はどこかへ家出をしてしまいました。

今頃、優しい子どもに拾われて、
「カメ吉」などと名前をつけられ可愛がられているのか、
はたまた、水たまりのボウフラを食べて
立派な野良亀として生きているのか、
行方知れずとなった今、元気で生きのびていることを祈るばかりです。

亀が家出して、ほどなくして、
(実の)息子が帰ってきました。

家出してたワケじゃないんですが(^_^;)
ただ、大学が夏休みになったので、帰ってきたっていうだけ…。


ひとつなくすと、確実に、新しい空気が吹き込まれる。
などと感じる今日この頃。

いいものにしても、悪いものにしても、
持っているものを手離すのがこわいのは、どうしてなんでしょう?
本当はとってもシンプルで、
ぎゅっと握っている手を、ひらけばいいだけなのに。

そうしてかれこれ1か月半、
毎日パチンコで勝ったお金で遊び暮らす息子( 一一)
もう、やくざなパチプロにしか見えません。

そんなパチプロ
もとい、息子が、ようやく大学に戻り、
心にぽっかりと穴があいたのもつかの間、
早くもワクワクする出会いが。

そうしたものです。だからおもしろいじんせいは。
さみしいと思う間もない、この素敵な今を
こころゆくまで味わうしかないのです。
[PR]
by eggs_egged | 2014-09-26 21:32 | 日記

山の音楽会2014 at 芸北・正直村

d0089325_22531172.jpg

さくらちゃん、写真をお借りしました。
たくさん、思い出の写真を撮ってくれてありがとうございます♪


昨年に引き続き、正直村「山の音楽会」に参加させていただきました。

広島県北部にある美しい湖、聖湖畔の素敵なカフェ「正直村」の野外ステージに、
県内外のプロ・アマ20組の音楽グループが出演し、
昼ごろから、夜9時ごろまで、
たーーーっぷり、どーーーっぷり、音楽に浸る、イベントです。

臥龍山と聖湖に見守られたこの場所に、
1日限りのライブ用のセットが組まれ、
出演者も、観に来た方たちも、思い思いにすごします。

今年も、たくさんの友人たちがはるばる聴きに来てくれて、

ふか~い愛❤


を感じた、幸せな1日でした。


準備、進行、音響など、たくさんの方たちのお力で、
本当に素敵なイベントになりました。
ありがとうございました!
[PR]
by eggs_egged | 2014-08-08 23:25 | 日記

明るい方角を向く

d0089325_23593387.jpg

灯篭流しは、亡くなった方々の鎮魂と、
生きているわたしたちの誓いのきもちを表現していると思うのです。


迷った時は、「自分が正しいと思うことをする」
というのが
行動の指針でした。

「何が正しいか、わからなくなった」
と言ったわたしに、
「それなら、明るい方を向けばいい」
と教えてくれた、わたしの女神さま。

灯籠流しのあかりに、
迷える者たちが導かれていきます。

ハイ、そうします。
明るい方へ。
[PR]
by eggs_egged | 2014-08-07 00:34 | 日記

置いて行きますが、今日はついてこなくても大丈夫です。

d0089325_0193053.jpg

白地に紺のボーダー柄のパジャマから、
白地に紺のボーダー柄のタイトスカートに着替えると、どうにも着替えた気がしなかった本日。
つか、昨日。

ちなみに、ボーダータイトスカートは、今年最も店頭で見かけるアイテム!→KMTなので、
来年は恥ずかしくて履けないかもしれない。からの、かなりのヘビロテです。
ゆえに、すでに何度も目撃された方もいらっしゃるかもしれません。
今後、目撃される方もいらっしゃると思いますが、心の中で(あぁ、それね)と思って、
そっとしておいてください。
物持ち良すぎる私は、もしかしたら来年も着ているかもしれませんが、
来年もまた着ているのを目撃された方も、取り扱い方法は同様にお願いたします。

ちなみに、たった今パジャマとして着ているTシャツは、20年以上前に買ったものだと思い出し、
ひとり「じぇじぇ!」と若干古びた感のある驚きの言葉を先ほど洗面所であげたばかり。


ひとり驚いたと言えば、先日、ものすっごく驚いたのに、誰とも共有できなかった事件が。

月に1~2回、結婚披露宴のコンパニオンのアルバイトをさせていただいているのですが、
それが偶然、バンドのメンバーのいとこさんの披露宴だったこと。

なんてことは、もしかしたらある話かもしれません。

だけど、その宴は、私にとっても特別で。
ちょっと前にブログにも書きましたが、
わたしが、CDプレーヤーの前から動けなくなるくらいリピートし、心酔してしまった曲を
彼が歌う日だったのです。

初めて聴かせてもらったのが、
「コレ、いとこの結婚披露宴で歌うから、知り合いに自分のキーでカラオケ作ってもらったんだ」
なんていう話からの、その、オリジナルカラオケ(歌なし)鑑賞。
ついでに、元歌も聴かせてもらって、
かっこいいーー!溶けるーーー!と興奮していたら、あれよあれよと7月のライブでもやることになり。

d0089325_0194285.jpg

 →今年も出させていただくことになりました。
  お時間ある方は来てね♡



で、そんな流れがあったことも忘れての、披露宴当日、
進行表に、彼の名前が!そして曲名が!!

思わず、「んがっΣ(`・Д・ノ)ノ;」と、驚きの…
なんだろう。
声にもならない驚きの…
なにかを発し。
誰にも説明できない興奮を持てあまし。
披露宴では、にやにやしながら会場で彼の生歌を聴くことができたのでした。

…こうして書きながらも、わたしひとりカラ回ってる気が、すごくします。
もう、今日はいいです。誰にも伝わらなくても。
要するに、ひとりで興奮したって話です。

そんなわけで、何の曲か?
たぶん、誰もが知っている有名な曲です。
わたしも、昔から知っているのだけど、
その、圧倒的なアレンジに、脳が痺れてしまって、今もあまりうまく働いてません。

そんなこんなです。

さて、写真は、先日おじゃました、友人の山のおうちでの梅採りの時のもの。
友人の後輩の同級生の姉(がわたし)と、愉快な仲間たち。
という複雑な人間模様の中、繰り広げられた梅採り。
童心と野生に戻った、楽しい1日でした。
梅のこと書こうと思ってこの写真にしたのに‥( ̄▽ ̄)
あれ??
  
[PR]
by eggs_egged | 2014-07-01 00:20 | 日記

かつどうにっぽう

d0089325_21525574.jpg

リメイクで簡単&チープなゆかた用コサージュ♪

世界中できものを着てやる!と豪語し、
草の根きもの活動家を気取りながらも
家庭内の小さな反勢力の攻略法を考えあぐねていたところ、
先日、アッサリと、
「今年はゆかたを着たいな♪」
と、申し出があったのです。

いきなりの和解に飛びつき、すぐにゆかたを買いに走ったのですが、
敵は手ごわかった_| ̄|○

「着付けはママにやってもらうから、覚える気はないもーん」
と宣言し、
ゆかたを購入した店ですぐに教えてくれるというのもきっぱりことわり、
じゃ、家で練習しようか、という譲歩案にも、首を真横にふるばかり。

これでは、世界どころか、3歩先のきもの普及運動も暗礁に乗り上げている状態ではありませんか。
どうにか、着付けを覚える気になってくれんかな~と思っていたら、
今日作ったコサージュを見せるやいなや、テンションUP↑↑
「その髪飾りがあるなら、ゆかたを着たい!」

すかさず着付けを教えなくては!
この娘、猫のように気分が変わりやすいゆえ。

そんなわけで、
本日は、悲しいお知らせやら、練習してもしても音痴な感じだったりやらで、
珍しく低め安定な一日だったのですが、
締めくくりは猫娘のおかげで若干上昇。


報告おわり。
[PR]
by eggs_egged | 2014-06-18 22:17 | 日記

お互い丸くなったもんだ。

d0089325_16363554.jpg

本日収穫!
昨日、実家に持って行ってあげればよかったな。


父の日、
誕生祝いを兼ねたプレゼントの日本酒を持って実家に行くと、
すでに大好物の肉じゃがを肴に晩酌が始まっていました。

いつもは口の悪い母も、
父のために、好物を用意したんだろうな。
両親の仲の良い様子に心が和みます。

肉じゃがだけでなく、春はタケノコ、秋は柿と、
好きなものに貪欲で、
子どものように欲しがる人。
我が父ながら、近頃、そんな様子が、めちゃくちゃいいなと思うようになりました。
食べ物だけじゃなくて、
男性が、何かに夢中になっている姿って、すごく素敵(*^_^*)

夕方だったので、ほんのちょっと顔を見せて、すぐに帰るつもりだったのが、
わたしが持って行った酒を早速開けて、
呑みながらあれこれ。
思いがけず、60年も前の家族のスキャンダラスな話も飛び出し、
帰るに帰れなくなって聴き入ってしまいました。

父の日や母の日は、プレゼントを送るだけにしていた頃もあったのだけど、
こうして、顔を見ないと聞けなかった話も聞けて、
会いに行って本当に良かった。
思い出というにはあまりに衝撃的な話は、また別の形で、残さねば、と思ったわけですが。

一区切りしたので
「じゃ、帰るよ」
と声をかけると、
グラスになみなみと酒をついで、
「もう一杯呑む間、居てくれ」

なーんて。
いつから、こんな可愛くなったん?
[PR]
by eggs_egged | 2014-06-16 16:45 | 日記