カテゴリ:photo( 24 )

春が行く前に

d0089325_163439.jpg

肌寒く感じて着て出かけたコートが、
日中みるみる気温が上がり着ていられなくなり、
脱いだらノースリーブ(+_+)

さすがに、まだノースリーブで街をうろうろしているのは
わたしくらいでしたが、しかたがありません。

そして、こんなことでは、もう夏が来てしまう!前回のブログ写真は雪ww
四季折々、1回くらいは写真アップしておこうと、
パスワードも忘れてしまったエキサイトに七転八倒の末ログインしたとこです。←おおげさ。

ほぼ毎日アップしてる従姉のYちゃん、えらいぞ!
と、こんなとこでほめてみたり。

近所の春は、一足とびに駆け抜けてしまい、
少し涼しい県北にドライブしたら、
まだまだ春がありました!
そんな、(すでに)思い出の写真たちです。


d0089325_1631612.jpg

チューリップはまだほとんどつぼみで、
入園料激安なんと300円の世羅高原ファーム!
花も少ないけど、人も少なかったので、
写真を撮るのには最適の日でした♪

d0089325_1632787.jpg

広島市内ではあっという間に散ってしまった桜も、
盛は過ぎていたけどたくさん咲いていて、
一番見たかった、風にぶわ~~~っと散っていく様子も見ることができて
大満足♪

d0089325_1634016.jpg

原始時代は実や種を収穫してたんだね~ぜったい!
と、今でもその頃の片鱗がうかがえる連れの方が
見かけるたびに大興奮でまるで宝物のように見えたつくし♡
陽光にキラキラと光っていました☆



おわり。

次は夏なのか。
いやその前に梅雨があるか…。
[PR]
by eggs_egged | 2015-05-07 16:18 | photo

だれもが、じぶんをふつうと思う?

d0089325_2364164.jpg

そのひとそのものが、写真に現れると言います。
同じ機種で、同じ被写体を撮っても、
その景色は、どこにあったの?
と思う写真や、
この人は、そんな表情をしていたの?
と思うこともしばしば。

そして、じぶんが撮る写真って、ふつうだな、
と、つまらない気持ちになったりするのです。

だけど、
どんな極論を言う人も、
「じぶんがスタンダード」だと思っているものだと思うから、
もしかして、「ふつう」と思うこの写真が、
ほかの誰かにとっては、ふつうじゃない極論の写真であるという場合だって
あるはず。

というわけで、
やっぱり撮るのは楽しいね♪
って話♡
[PR]
by eggs_egged | 2014-11-12 23:18 | photo

クルマのお顔で性格診断

d0089325_23586.jpg
カープのヘルメットにも使われている色、“ソウルレッド”のアクセラ。
マツダ様主催のカメラレッスンにて。
“流し撮り”難しい~(^_^;)



今日は、車検を通したクルマを受け取りに。
代車の鍵を渡して、
名前を名乗って、
お金を払って、
じぶんのクルマの鍵を受け取る。

じぶんのクルマの鍵?

ではないものを渡されたので、
一瞬、頭の中は、真っ白に。

「???」
「えーと。
わたしは、何に乗って帰るんでしたっけ?」
と、阿呆丸出しの質問をしてみたところ、
どうやら、同じ名前の方のクルマの車検代金を払い、
その方のクルマの鍵を受け取ろうとしていたようでした。

もっと言えば、わたしが店を間違えていたようでした。

そして、さらに阿呆に追い打ちをかけるかのように、
「わたし、どこに行けば、いいですか??」

実際、車検に出したお店は、そこから1キロ先の、
似て非なる店でした。

で、先ほど支払ったお金を返してもらって、
カバンにしまった、洗車などのサービス券を「返してください」ときっちり言われ、
代車も、も一度いただいて、
正しいお店へと向かったのでした。

車検に出すときは、家族が出しに行ったので、
お店をきちんと聞かなかったわたしも悪いんだけど、
お店の方も、じぶんとこの代車かどうかって、わからないものなの??

「乗ってるクルマの顔で、性格がわかる」
と、言い切る娘。
ウチのクルマ、知的な顔してる気がするんだけどな~(^_^;)


d0089325_119569.jpg

夏の終わりに、ようやく夏きもの。
写真の上手なお友達に撮っていただきました♪
[PR]
by eggs_egged | 2014-09-01 23:06 | photo

今日は、この日と同じ青い空が広がっていました

d0089325_21215079.jpg

お友達の親戚の、ブルーベリー畑で、
甘ーいのやら、酸っぱいのやらの、ブルーベリーを収穫させていただきました。
青空がキレイな、暑かったけど、さわやかな夏の日。

あんなに平和だった日から、ほんの2週間。
広島は、現実とは思えないような災害に見舞われ、
たくさんの人が亡くなり、
たくさんの方が、避難生活を送り、
毎日のように、被害の様子が全国、地方のニュースや新聞で報道されます。

直接の被害はなかった人も、心に灰色のフィルターをかけたように、
トーンを落とした、暗い日々になったような気がします。

ほんの数キロ先の、ホームとも言える場所が被災地になった今、
改めて、ここ20年の間に、日本で起こった数々の災害を思い起こしてみます。
今、じぶんにできることは何だろう。
そんなことを考える機会が多かった、この夏。

そんな中、被災地の復興ボランティアに参加した友人から、
「被災した方は、家が泥に埋め尽くされていて大変なのに、
とても親切にしてもらって、明るかった」
と、聞きました。

起こったことは起こったこと。
これからのことを考えれば、被災していないわたしたちまで、
暗くなってはいけないんだと、
改めて思いました。

今日は、久しぶりの青空。
キレイな空を見上げるだけで、清々しい気持ちになれたから、
もしも何かが起こっても、この空を思い出すことにしよう。
[PR]
by eggs_egged | 2014-08-30 21:58 | photo

キタヘミナミヘ

d0089325_13243149.jpg

かきつばた畑で写真を撮るおっちゃんが、
案山子みたいで可愛い♡




久しぶりに会った伯母に、
「あなた、適当にやってて、子どももイイ感じで良かったね。」

と、ほめられ。

…?
ほめられてる??


なーんて、ビミョーな言葉に苦笑いしつつ
なんで適当って知っとるんじゃ、と
伯母の千里眼におびえる今日この頃。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?


休日は、大好きなバンドがライブをするというので、
おっかけ隊は、はるばる芸北へ馳せ参じました。
はるばるとは言っても、近頃、冬の雪山より、冬以外の季節の方が、芸北に行く機会が多く、
すっかりホームな気分です。

写真は、その会場、“かきつばたの里”。
一面かきつばた。
水田の中には、オタマジャクシがびっしり(@_@;)
子どものころ、よく見ていた光景、
だけど、久しぶりに見ると、足がすくみます(^_^;)
こないだ、あなたたちのかーさん食べちゃったし。

そんな素敵なロケーションの中、演奏を楽しんできました♪

そして、夕方からは、親戚のお子さんの、フラメンコの発表会。
前回観た時は、まだ小学生で、「習い事」という感じだったのが、
数年たって、その成長ぶりにビックリ!
力強い踊りに魅了され、とても誇らしい気持ちになりました♪
子どもの成長って、あっという間ですね。
可能性の宝庫です。

とはいえ、わたし自身、わたしより年上の方からは、
「まだまだ若いんだから、これからなんでもできるわね」
と言われることも多々あります。

この年だからできない、という枠を自分で作ってしまわず、
心が動くことに向いて行きたいなぁと思うのでした。
[PR]
by eggs_egged | 2014-06-02 13:43 | photo

頂上ではないかもしれないけど、今はあの頃と比べるとなんて楽なんだろう

d0089325_2319045.jpg

わたしの30代が丸々詰まった、思い出深いお店、
元ポットラックさん店舗を撮影する機会をいただいた。

店名をアグリ(AGRI)さんに変え、拠点を移されて以来、数年ぶりに訪れると、
隠れ家のようなエントランスは、今もやはり鮮やかで心地よいグリーンが並び、
アイコンの赤い扉もそのまま。
イギリスアンティークの調度品や、窓のステンドグラスも当時のままで、
思いがけず、胸がいっぱいになる。

振り返ると、30代は、登山のような日々で、
こんな脳天気に見えるわたしにも、(←自覚あり)
思い出すのもつらいことや、嫌なことがぎゅっと凝縮していた。

そんなときに、励まされたり、「こんな風に考えればいいじゃない!」
と、みちしるべをくださったのが、オーナーのちはるさんであり、このお店だった。

いつもいつも、悩みを相談して、それに対する答えをいただいていたわけじゃない、
と思う。
だけど、魔法を使うちはるさんは、
なぜだかいつも、わたしに的確に元気をくれた。

ここは、街中の小さなパワースポットで、
利用されないのはもったいないなと思っていたら、
近々、素敵なお店が越してこられるらしい。
新しい店主さんも、天使めいたお方。
どんな癒しの場になるのか、
とても楽しみだ。
[PR]
by eggs_egged | 2014-05-13 23:49 | photo

心をこめて、子子孫孫まで伝えたいコト。

d0089325_19125827.jpg

大島紬に、ゆかたに合わせる半幅帯を結んで華やかに♪

1日に3つの用事があれば、3つ目を忘れ、
3日連続の約束があれば、3日目は忘れ。

そんな、ブログタイトル「IS MY LIFE LIKE SAZAE?」にぴったりかと思いきや、
サザエさんは20代なので、「あわてものめー!」
と、波平さんにガツンと叱られたら済むけど、
わたしはといえば、そろそろ周囲も本気の心配をし始めるお年頃。
な日々。

…どなたか共感していただけてますかー???


さて、
そんなビミョーな年齢ではあるけれど、
これからの年齢の方が、一番似合うのではないかと思われるのが、和服!

一部、わたしの周囲の殿方の間では、和服の下着はどーなってるんだということのみで
盛り上がったりしている、あの、和服だけれども、
今回、とうとう、
わたしに、和服の楽しさやルール、着こなしを教えてくれた澤村享子さんと、
手早く華やかな、素敵メークのテクを教えてくれたささもとみわさん
コラボレッスンが、満を持して開かれる。


◇こちら→ 「大人の和メーク&ゆかた着付けレッスン」
   

◇レッスンのお申込みはこちらから→http://p.tl/tlDj

大人っぽくて、おしゃれな帯結びを簡単に習得する「着付けレッスン」と、
いつものメークを和装に似合うメークにチェンジするだけで、
こんなに映える「和メークレッスン」のセット。
とうかさんにむけて、自分で支度ができるようになりましょう、
という内容だ。

そしてさらに、日ごろの写真修行を生かすべく、
レッスンを受けてくださった方は、美しく仕上がった艶姿を
無料で写真撮影という特典付き♪


また、レッスン以外にも、ゆかたや和装小物の販売に、「夢さがし」さん
アクセサリー販売を「リゴロット」さん
ジュエリー&アクセサリーと熊野筆販売を「smart」さんが協力してくださる。
こちらも、だれよりもわたしが楽しみにしている出店者さま方。

そんなわけで、
より多くの方々にお越しいただけるよう、
明日、TVで告知予定。

★5月9日(金)17:30頃 広島テレビ「テレビ派/街かど伝言板」にて。
ぜひ、テレビの前に集合していただきたいでござる!
 


昨年は、澤村享子先生のご指導のもと、着付けを練習し、
ソフトバンクのCMにも使われていたシンガポールの新スポット「MARINA BAY Sands」にて、
ゆかたで夕涼みした。→こちらの記事を参照。
今年は、このレッスンを受け、より洗練された着こなしを
どこの国で披露できるか、とても楽しみだ。
[PR]
by eggs_egged | 2014-05-08 19:22 | photo

ラッキー体質に変換する日

d0089325_0263249.jpg

街中から少しはずれた場所にあるカフェ「十日市アパート」。
昭和が香る懐かしい雰囲気、
そして、
どこを切り取っても映画のワンシーンのよう。

小さいころから
「イヤダ」
しか言わなかった息子が、
意外にも素直に了解すると、
逆に
「いーのか?ほんとにそれでいーのか??」
と、確認したくなる今日このごろ。
皆様、お元気でお過ごしでしょうか?


2014年3月8日は、天赦日。
結婚や、事業をはじめたり、財布の新調に良いとされている、大ラッキーデー!
あの有名な大安よりも、さらにラッキーだという情報を
この日の朝、FB友達より入手した。

ちょうど、長年使っていた財布を、そろそろ休ませてやらねば。。。と思っていたので、
「今日はぜったい財布ゲット!!」
と決め、次に買うならコレと、目星をつけていた財布を捜索。

どうやら、自宅から100キロ先の店に、
バリエーション豊富に取りそろえているらしい。

100キロ…((+_+))
もうすぐアラスカに移住予定のNちゃんなら、
きっと、近所のスーパー行ってくる~ってくらいの距離なんだろうと想像しつつも、
行けない距離ではないが、午後2時に予約していた
クルマのメンテが、ちとじゃま。

なにしろ、「ネットでポチ」では、
天赦日のラッキーの恩恵を受けられるのかが心配なのだ。
どうやってでも、今日中に手に入れなければいけない。

すると、自宅から15キロのギャラリーに、
2点だけなら在庫があるという。
そのうちひとつを、無事購入した。

サンフレッチェ地元開幕日でにぎわう大渋滞の道路と、
それをなんとか通り抜けて、郊外の小さなギャラリーに向かう自分とが、
まったく接点がないのに、
「どっちも今日!」という見えないつながりがあるように感じる昼下がり。

お店の方には、
「遠くまでわざわざ…」

と、ねぎらっていただいたが、
100キロ走るつもりだったので、
15キロくらい「へ」でもない。

異国で放浪中の放蕩息子にも
「3月8日に気に入った財布を買いなさい」
という指令を出す。



そしてさらに、
何かしら目標なりを立てるにも良い日なのではないかと思い、
かねてから念願だったことを、文字にする。

愛しの伊坂幸太郎さまの新刊本にサインをしてもらい、
握手してハグして2ショット写真を撮ってもらう!

天赦日、
こんな、目標だか妄想だかもどさくさまぎれにかないますように。
[PR]
by eggs_egged | 2014-03-09 00:37 | photo

天使のおでまし

d0089325_0203656.jpg


またまた下界に天使さんが舞い降りた。
穢れのないこころと、
だれもを癒す不思議なちからをもって。

まったくの非力のように見える小さな彼女は、
体の大きさに似合わず、
圧倒的に光を放ち、まわりを明るく照らしてくれる。

小さな掌に、何を握っているんだろう?
いま、その瞳には、世界がどんな風に映っているんだろう?

地球上で一番かわいい生き物。
どうか、その人生が幸せでありますように。
[PR]
by eggs_egged | 2014-02-22 00:22 | photo

目標はヨコシマな方が達成がはやい…気がする

d0089325_11581338.jpg


広島県最西端、大竹市は、県下唯一の和紙の産地。
「和紙作り」と聞くと、紙すきを思い浮かべる人も多いと思うが、
今回は、その前の段階、材料となるこうぞの木の皮をはぐ、「皮へぎ」という作業をお手伝いさせてもらった。
未知の世界を体験させていただいた貴重な一日。



とうとう目撃してしまった。
憧れ続けた写真家の、シャッターを切る瞬間。

ゴーーーーール!でも、

ホーーーーームラン!!でもなく、

ひっそりと、静かに、ぱしゃ。と。

たまらずかけより、
「いいいま、何が見えたの!?」
「なな何を撮ったの!?」
「どどどんな色で!?」
「どどどんな明るさで!?」

と、頭の中でかみあげながら、口から出た言葉は、
どーでもいいようなコト。

くぅ~~~!!
痛恨の極み!!

しかたあるまい、
次の機会を、アナコンダのごとく狙いすまし…

もとい、

イエウサギのようにケージの中でおとなしく待つ。
ことにする。



*******************************


近頃、若干コスプレ的な楽しさから、着る機会が増えたきもの。
ただ、四角い布の組み合わせだというのに、
織り方、染め方、柄などから、
各種TPOに対応することができる。

幸い、ステキな先生ときもの友達にも恵まれて、
ますますこの奥深い世界にはまりそうな気配。
四季の移ろいを大切にした繊細な日本人の感性が
わたしの中のDNAからも呼び起されるようだ。


d0089325_1159370.jpg

左)友人たちとの新年会にて。
きものは、縮緬の総柄付け下げ。帯は、つづれ織り。
右)同じころきものに目覚めた友人と美術展「日本画の精華」鑑賞。
その友人のきもの目標は「ひとひらの雪」という。おもしろすぎる。
しかし、着付けを猛勉強し、短期間で完璧に着こなすようになった努力家。
その集中力で、「ひとひらの雪」も近い将来実現することだろう。
きものは母のたんすにあった白大島。帯はお気に入りの紬。

[PR]
by eggs_egged | 2014-02-11 12:06 | photo