人気ブログランキング |

素敵ニッポンのためにできること

d0089325_21511793.jpg

漆作家、垣内幸彦さんの展示会で出会った丸盆

その1
手作業のしごとで生み出されるものを、
とても愛おしく感じます。

垣内さんは、とても気さくでにこやかで、素敵な方で、
私がお店を訪れると、なぜかお店の隅に隠れるように立ってしまわれたので、
「どうして隅っこに?」
とたずねると、
「シャイなもので」
と…(^_^;)

でも、そのあとは、お茶を飲みながら、
漆についていろいろとお話を伺いました。
その作品は、「晴れの日の器」というより、
日常的に使いやすいものが多く、
食洗機や冷蔵庫でも大丈夫なほど、意外にも丈夫な漆の器の特徴や
使い方を教えていただきました。

垣内さんは、フランスの由緒あるデザイン学校に招かれ、
デザイナーの卵たちに、漆塗のワークショップを行う予定だそう。
(これまでも、何度か渡仏し、行われたそうです。)
いま、海外のおしゃれカフェの最先端にあるという南部鉄瓶のように、
海外から漆が見直される日も近いかもしれません。


その2
ワンツーワークスによる「死に顔ピース」という舞台を観ました。
周防大島の病院院長の経験をモデルにした作品で、
笑いあり、涙ありの舞台。
終末医療について、家族や周りの人間の接し方について
考えさせられた、期待を裏切らない話題作でした。

誰もがいつかは迎える死を笑って迎えられたら幸せですね。

広島は、演劇が根付いていない地だと言われていますが、
この日ホールは満席で、最後はスタンディングオベーション。
観劇人口増えてきたのかも?

その3
そして、先日決意した、「着物を着ること」。

なんだか、バラバラなことを並べたように思えるかもしれませんが、
これらは、ニッポンを素敵にするために、私ができること。

それは、守っていきたいものに、お金を使うことです。
余裕のあるお金は、技術を持った人たちがいつまでも活躍できるように
使えたらいいなぁと思うわけです。
余裕のあるお金をつくるために、がんばって労働します!

d0089325_21515156.jpg

キャンドル作家、チエミサラさんのワークショップに参加しました。
アンティーク風の素敵なキャンドルができあがって大満足♪
毎日、夕食のときに灯しています。

d0089325_21514419.jpg

お友達と久しぶりに行ったサムズ倶楽部ハウス♪
やっぱり美味しかった~!

d0089325_21521884.jpg

今日は、ラグジュアリーなカフェ、スーリヴェールさんでお茶。
クリスマス仕様の店内と、美味しいお茶、楽しいおしゃべりに、とーっても癒されました♪

d0089325_2152552.jpg
d0089325_21523622.jpg


ブログを書くペースがあきすぎで、
すごいボリュームになってしまいました…(^^;)
反省。。。
そしてこの反省は次にいかされるのか??



■垣内幸彦 漆芸展とお正月展
12/24(月)まで開催中
器あそび
広島市中区十日市1-4-18
11:00~18:00(作品展中は無休)

■サムズ倶楽部ハウス
広島市佐伯区楽々園4-11-3

■スーリヴェール
広島市西区古江東町9-24 後藤ビル2F
by eggs_egged | 2012-12-16 22:53 | おでかけ
<< 明日は来る! 正直に生きてるかい? >>